• 榊原 将/HR Linqs, Inc.

雇用にはまだ学位が必要

多くの企業では学位よりもスキルや経験を重要視している。

特に雇用後だとスキルベースになるのは明確である。


しかしながら採用の際には、まだまだ学位があることが必要だと考えている雇用主が多いようである。


現在のように人材が不足しているという状況では、学位というフィルターを無くすことで、より広範囲なソースから人材を探すことが出来るようになり人材確保が有利になると考える雇用主が多いようである。


しかし学位がスクリーニングの一環として重要な役割と考えられていることに変わりはない。


スキルベースでの採用活動を行うには、採用過程の変更が必要かもしれない。