top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

コラボレーションの課題 / Challenges in Collaboration:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

グローバルなワークフォースとの協力は、時間帯の違い、言語の壁、文化的な誤解など複数の課題を引き起こしています。


適切なテクノロジーの利用や意識の変革を通じて、より効果的なコラボレーション(Collaboration)が可能になります。


「主要な点」

  1. グローバルコラボレーションの新規参入者世界の従業員の59%が他国にいる同僚との協業が初めてで、これが様々な課題を引き起こしています。グローバルな協力を進めるには、これらの新しい環境に適応する支援が重要です。

  2. 勤務時間の変動性44%の従業員が勤務時間の不安定さに直面しており、これは国際的な協業における調整と柔軟性を要求します。時間帯の違いを考慮したスケジュール調整が求められます。

  3. 言語の壁の影響42%の従業員が言語の壁に直面し、これがコミュニケーションの障害となっています。多言語対応や通訳サービスの利用が解決策として挙げられます。

  4. 文化的誤解の存在従業員の33%が文化的な誤解を経験しており、これがチームの一体感に影響を与えています。文化的な違いを認識し、相互理解を促進する取り組みが必要です。

  5. 言語の多様性とコラボレーション従業員の62%が異なる母国語を持つ同僚と働いており、コミュニケーションの工夫が必要です。

  6. ダイバーシティとインクルージョンの課題多くの従業員が企業文化における自国の代表性を感じていますが、日本の従業員ではその割合が低下します。これはダイバーシティとインクルージョンの強化が必要であることを示唆しています。


「企業の検討点」

  1. 国際的な協業の時間調整: 会議のスケジュールは全員にとって公平であるように検討する必要があります。

  2. 言語の壁への対策: 言語研修や通訳サービスを提供することで、コミュニケーションの障害を低減します。

  3. 文化的誤解の予防: 異文化間教育を通じて従業員の文化的理解を深めるべきです。

  4. ダイバーシティとインクルージョンの強化: 企業文化における多様性を確保し、全従業員が代表されていると感じられるようにすることが重要です。

  5. テクノロジーの活用: 協業を容易にするためのテクノロジー選定と活用が、グローバルチームの成功に寄与します。


「Q&A」

Q1: リモートワークが普及する中で、グローバルチームの協業における最大の課題は何ですか?A1: リモートワークが普及する中でのグローバルチームの協業における最大の課題は、コミュニケーションの障壁です。これには、時間帯の違い、言語の壁、文化的な誤解が含まれ、これらの課題を克服するための戦略的な対応が求められます。


Q2: 国際的なチームでの協業を円滑にするために重要なテクノロジーは何ですか?A2: 国際的なチームでの協業を円滑にするためには、コミュニケーションツール(例: ビデオ会議システム)、プロジェクト管理ツール、そして多言語をサポートするコラボレーションプラットフォームが重要です。これらのツールは、異なる場所や時間帯にいるチームメンバー間の連携を強化します。


Q3: ダイバーシティとインクルージョンの観点から、グローバルチームで注意すべきポイントは何ですか?A3: ダイバーシティとインクルージョンをグローバルチームで実現するためには、各従業員の文化的背景や価値観を尊重し、全員が参加しやすい環境を整えることが重要です。また、異なる文化からの意見やアイデアを積極的に取り入れ、多様性がチームの強みとなるよう促進する必要があります。





Комментарии


bottom of page