top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

教育と実務のギャップ/Bridging the Gap:Education vs Real-World Experience:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

「職場での成功:教育と実務経験のバランスの重要性」


現代の職場では、従業員が直面する課題やキャリア進展において、高等教育だけでは十分ではないことが明らかになっています。


最新の調査によると、多くの労働者が高等教育が現在の職に対して準備不足であると感じており、実務経験や職場での学びがより重要であると考えています。


  1. 高等教育と現実の乖離:多くの労働者が、高等教育が実際の職場での役割に対して十分な準備をしてくれなかったと感じています。

  2. 実務経験の価値:調査対象者の61%が、実際の仕事経験が彼らを職業に最もよく備えさせたと答えています。

  3. キャリア進展の課題:多くの従業員が、職に就く前にキャリア進展の管理方法を理解しておくことの重要性を指摘しています。

  4. 部門横断的な協力:労働者は、異なる部門間での協力方法をよりよく理解することを望んでいます。

  5. 学習と開発の重要性:従業員の66%が、学習と開発の機会が仕事選びや会社に留まるかどうかを決定する上で重要だと考えています。

  6. 現行の学習と開発の提供:73%の従業員が、現在の雇用主が彼らのニーズに合った学習と開発のオプションを提供していると回答しています。

  7. 高等教育と現代のニーズ:成人の2/3が、高等教育機関が現代の学生のニーズに対応していないと考えています。

  8. 教育機関と雇用主の共同責任:学生を職場に備えさせるためには、高等教育機関と雇用主がもっと積極的に協力する必要があるとされています。

  9. スキルギャップへの対応:雇用主は教育機関とのパートナーシップを通じてスキルギャップに対処し、採用ニーズに適切に応えるべきです。

  10. 教育と職業の準備:従業員が現代の職場で成功するためには、教育と実務経験がうまく組み合わされる必要があります。

「企業の検討点」

Q1: 実務経験はなぜ高等教育よりも重要とされているのですか?

A1: 実務経験は、実際の職場環境で直面する具体的な課題に対処する方法を教えます。高等教育は理論や一般的な知識を提供しますが、実務経験はこれを補完し、実際の作業環境における実践的なスキルを育てます。


Q2: 企業は従業員のキャリア進展をどのように支援すべきですか?

A2: 企業は従業員に対して明確なキャリアパスと成長の機会を提供すべきです。これには研修プログラム、メンターシップ、職業訓練などが含まれます。また、従業員が自己成長とキャリアの目標を達成できるように、継続的なフィードバックとサポートが必要です。


Q3: 教育機関と企業はどのように協力して効果的な職業準備を提供できますか?

A3: 教育機関と企業は、インターンシップ、業界固有の研修プログラム、そして実務に即したカリキュラムの開発を通じて協力できます。これにより、学生は実務に関連するスキルを獲得し、企業は即戦力となる新卒者を確保できます。


Q4: 学習と開発の機会が従業員の仕事選択にどのような影響を与えますか?

A4: 学習と開発の機会は従業員のスキルセットを拡大し、キャリアの成長を促進します。これらの機会が提供されることで、従業員は自己実現を感じ、仕事に対する満足度が高まります。その結果、従業員は職場に留まる傾向が強くなり、企業は優秀な人材を確保できるようになります。


Q5: 高等教育機関は現代の職場にどのように適応すべきですか?

A5: 高等教育機関は、実務に即したカリキュラムを提供し、業界との連携を強化することで、学生が現代の職場で求められるスキルを獲得できるようにすべきです。また、学際的な学習やテクノロジーの活用を促進し、学生に実世界の課題に対処するための実践的な経験を提供することが重要です。



Commentaires


bottom of page