top of page
  • 執筆者の写真榊原 将/HR Linqs, Inc.

新規I-9書類とE-Verifyの新たな選択:「アメリカ人事を図と表で(仮)」#アメリカHR

  1. 米国市民権移民局(USCIS)は新規または改訂されたI-9書類を発表します。

  2. 8月1日から、E-Verifyに登録している企業はライブビデオ通話を通じてI-9書類を電子的に検証できるようになります。

  3. E-Verifyは無料のウェブベースのシステムで、雇用者が従業員の雇用適格性を確認できるようにします。

  4. 電子的な検証は、E-Verifyに参加していて、それに対する要件を遵守している企業に限られます。

  5. ビデオ通話での書類検証は、雇用者または雇用者を代理する者が物理的に書類を確認する必要がなくなります。

  6. 代替手続きを使用する場合でも、従業員が提出する書類は真実であることが理由で認識され、個々の従業員に関連している必要があります。

  7. E-Verifyに登録していない雇用者は書類のコピーを保持する必要はないが、E-Verifyを使用する場合は書類のコピーを保持する必要があります。

  8. 雇用者は、雇用適格性確認プロセスに関連する書類の検証のために、明確で読みやすい書類のコピーを利用可能にする必要があります。

  9. 従業員が代替手続きを使用して書類を提出できないまたは拒否する場合、雇用者は従業員に物理的な検証のための書類を提出する機会を提供する必要があります。

  10. 雇用者が代替手続きを適用する場合は、E-Verifyの登録地すべてで一貫して適用する必要があります。

「企業の検討点」

  1. E-Verifyに参加している場合は、新たな電子検証手続きの要件と制約を理解する必要があります。

  2. 選択的な検証手続きを適用する場合は、すべてのE-Verifyの登録地で一貫して適用することを確認する必要があります。

  3. 雇用者はライブビデオ通話を通じて書類を確認できるため、これに適応するための適切な設備と訓練を提供する必要があります。

  4. 代替手続きを使用する場合でも、提出された書類が真実であることと、その書類が個々の従業員に関連していることを確認する必要があります。

  5. E-Verifyを使用していない場合でも、新しい変更とそれが業界にどのように影響を与えるかを理解することは重要です。


תגובות


bottom of page